文旦

今年は3月から熊本の農家さんにお世話になっていて、春からレモンやらデコポンやらはるかやら、いろんな柑橘を送っていただいていますが、今回は文旦。

本当は、文旦の親戚だか、腹違い、いや枝違いの兄弟のサワーポメロという品種です。大橘ともいうらしい。

柑橘に限らず、果物って同じ木でも産地が違うと違う名前になったりややこしいので、私の好きなやつ、という一括りで文旦シャーベット、と出すことにしました^ ^

そんなに酸味のない柑橘ですが、これ私の大好物です。実のぷりぷり感と、独特の香り。苦いような、スパイシーなような、爽やかさ。。。言ってることがわからないという方は、ぜひ食べに来てください‼︎

この手の柑橘は大きい果実ですが皮が厚く、損をした気分になりますが、今回のサワーポメロという品種がそうなのか、比較的皮が薄かったです。たくさん剥いているので、皮がしっとりしている質感のは薄い、とか、わかってきたり、ちょっと通になってきて楽しい^ ^

これからだんだん気温が上がってきそうなので、シャーベットをお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 15 =